注目の記事 PICK UP!

【BAR et BAR POULET連載】Movie&Liquor〜映画×お酒のステキな関係(3)〜

 

こんにちは。記者のウメ子ちゃんだよー!

 

BAR et BAR  POULET

の豊崎さんに記事の第3回!

 

 

さて、第3回は、、、

『ザ・コミットメンツ』

 

1991年イギリス、アイルランド、アメリカ合作

/アラン・パーカー監督

 

 

この作品は知人のドラマーの方から

3年程前に教えていただいたのですが、

 

アイルランドの若者たちのリアルな群像劇でもあり、

なんと言っても作中で流れる音楽が堪らなくカッコい!!

 

思わず、サウンドトラックを

某サブスク音楽アプリで探しだして、

最近でも聴いているぐらい好きな作品です。

 

舞台はアイルランド・ダブリン。

 

青年ジミー(ロバート・アーキンズ)は

『真のソウルバンド』を結成する夢を描き、

自らマネージャーとしてオーディションを行い、

夢を叶えます。

 

才能溢れる

ヴォーカリスト・デコ(アンドリュー・ストロング)や

 

有名アーティストのツアーに参加経験もある

元プロ・サックスプレイヤーの

ジョーイ(ジョニー・マーフィ)など

 

ミュージシャン達が集まり、

 

出だしこそ順調に見えましたが、

あっという間にメンバー間の衝突や三角関係、

様々なトラブルに見舞われ…という物語。

 

音楽も全編、1960〜70年代のソウル・ミュージック

カバーで構成されています。

←もう一回言います、、、めちゃくちゃカッコいい!!!!

 

特にデコを演じる、アンドリュー・ストロングが

制作当時16歳と思えないほど出来上がった

ハスキー(…酒やけ?)ボイスで観る者を魅了します。

 

そんな『ザ・コミットメンツ』には

パブのシーンが多く、沢山のお酒が登場しますが、

中でもアイルランドを象徴するのが『ギネス』。

 

 

その歴史は、1759年ダブリンにて

アーサー・ギネスによって、創業。

 

原料は水、大麦麦芽、ホップ、醸造用イーストから作られ、

大麦の一部を蒸して、挽き割りにし、焦がす事で

漆黒色と特徴的な香ばしさと軽やかな味を生み出します。

 

「グラスに入った食事」と評価されるに対して、

1パイント(=568ml)当たり198kcalと少なく、

同量のオレンジジュースや大部分のビールに比べて

低カロリーなのです!

 

『ギネス』の特徴と言えば、“サージ”と呼ばれる現象。

これは二酸化炭素のみを使う

通常のドラフトビールとは違い、

窒素も含み、二酸化炭素より溶解度が低く、

発泡性にすることなく気圧を高く出来るため、

あのようにグラスに注いだ瞬間の大量の泡から

液体に変わっていくのを愉しむ

約2分間の“カスケード・ショー”や

繊細できめ細やかな泡が堪能出来ます。

 

余談ですが、『ドラフト・ギネス』を提供する

お店のバーテンダーあるあるとして、

グラスに注いだ最後に、

一度はシャムロック(3つに分かれた葉っぱ)を

液面に描いた事があると思います。

←センスがなかったせいかボクは出来た試しがありません笑

 

そんな『ギネス』に合うお料理は、、、

言わずと知れた『フィッシュ&チップス』

 

衣にギネスを加え、新鮮な真鱈と

皮つきポテトを丁寧に揚げてます。

 

ビールにはこれ!『鶏のからあげ』

 

 

ジューシーな鶏肉に

ガーリックと醤油の風味が活きてます!

 

ウメ子ちゃんでしたー!

 

『BAR et BAR  POULET(バル エ バー  プーレ)』

場所はこちらだよー!

 

インスタはこちら!

 

関連記事

  1. 北浦和B級グルメの王道と言えば、【娘々】

  2. 【BAR et BAR POULET連載】Movie&Liquer 〜映画×お酒のステキな関係(2)…

  3. 【BAR et BAR POULET連載】 Movie&Liquor 〜映画とお酒のステキな関係(6…

  4. クイーンズ伊勢丹で最高コスパの美味しいワインを見つけた件

  5. ビアガーデン&バーベキュー最新情報!随時更新!!浦和・北浦和・大宮周辺

  6. 【連載】ソムリエ斉藤店長のワインジャーニー【5】ボージョレと自然派のお話

  7. 【連載】ソムリエ斉藤店長のワインジャーニー【12】ナチュラルワイン

  8. 【連載】ソムリエ斉藤店長のワインジャーニー【3】ポルトガル夏の風物詩編

人気記事

JOURNEY TWITTER

雄飛教育グループ

PAGE TOP