注目の記事 PICK UP!

武将の寺!廓信寺を散歩してみた件

 

こんにちは。編集長のモッピーです。

 

廓信寺にお散歩にいってきたよー。

 

仁王門はこちらー!

木造の金剛力士像がいるんだよー。

門に向かって左が阿形像。「あー」って口してるのー。

 

右が吽形像。「うんっ」っていう口をしてるよー。

 

図書館のお姉さんに廓信寺について

教えてもらったのー。

 

「武将の寺」と呼ばれるのはなんで?

 

お寺ができたのは、慶長14年 1609年

時代は江戸時代!徳川家康さんが江戸城に来た時!

 

家康さんの重臣、高力河内守清長さん岩槻藩を任せられ

岩槻城主になったのですねー。2万石ー!

 

あわせて清長さんは、

足立郡浦和郷の1万石も任されたのよ。

 

その浦和郷代官清長さんに任されたのが

中村弥右衛門尉吉照さん

 

お代官様ー!きゃー!!的な。

 

陣屋っていう代官さまのお役所も

針ヶ谷のあたりにあったんだって。

 

その辺のお散歩ははまた今度ー。

 

徳川家康さんも浦和によく鷹狩りに来てたんだよー。

 

清長さんの死後、吉照さんが作ったのが廓信寺

「廓」と「信」は二人の名前からとったんだって。

 

武士の主従関係の強さがよくわかるね。

 

だから武将の寺と呼ばれているんだよー。

 

他にも色々教えてもらったけど

そのお話はおいおいねー。

 

歴女のモッピーでしたー!

 

 

関連記事

  1. 弘法大師ゆかりの地!【二度栗山】をお散歩した件。北浦和に温泉???

  2. 北浦和ぶらぶら散歩!追記編(紅赤スイーツ・針ヶ谷三山・娘々)

  3. 室町時代に浦和で月待信仰が盛んだった件!②【調神社】

  4. 日本一のお米!【彩のきずな:埼玉産】を調べてみた件

  5. 浦和とウナギの関係を研究して夏を乗り切る件

  6. 室町時代に浦和で月待信仰が盛んだった件!①【二十三夜とは】

  7. 旧中山道をゆるゆるお散歩してみた件

  8. 北浦和で【お茶】を栽培していた件を調べてみたよー

人気記事

JOURNEY TWITTER

PAGE TOP