注目の記事 PICK UP!

三角稲荷で中山道の旅人が狐さんに騙されるお話。ぷぷぷ。

 

こんにちは。編集長のモッピーです。

 

前回の石井桃子さんのお話に出てきた

三角稲荷さまのお話を聞いてきたよー!

 

 

 

 

名前の由来は境内の形が三角形だったからなんだって。

そのままだね。

 

京都の伏見稲荷さまから神様を

お迎えしてるみたいだよー。

 

石鳥居は1770年(明和7年)の銘があり、

旧浦和市内で現存する最古のものなんだよ。

 

三角稲荷さまには狐さんのお話が

色々残されてるんだって。

 

中山道を往来する旅人を花嫁姿で

たぶらかしたり(笑)

 

穴に逃げ込んだ狐さんをいぶり出そうと

焚き火を始めた旅人を

 

ふんどし一丁にし

朝まで大騒ぎさせたなど

 

旅人をだます狐さんの伝説があるんだってー。

ウケるねー(笑)

 

三角稲荷さんやその当時のお話は

こちらの石井桃子さんの本に載っているよー。

 

編集長のモッピーでしたー。

狐さんに騙されないように気を付けてねー!

 



関連記事

  1. 鬼平犯科帳と涙橋!盗賊・神道徳次郎

  2. 編集長モッピー妖怪ゆる散歩②【大宮の妖怪:黒塚伝説の地】

  3. 浦和とウナギの関係を研究して夏を乗り切る件

  4. 編集長モッピーの歴史ゆる散歩、大宮公園編①【文豪に愛された公園】

  5. 浦和と浦中が舞台の少年小説『ああ玉杯に花うけて』を調べた件

  6. 江戸時代の数学である和算の難問を神社に奉納する【算額】を調べた件

  7. 編集長モッピーのゆる散歩:大宮浅間神社・富士信仰のブームの秘密

  8. お女郎地蔵&火の玉不動【高台橋・高沼遊歩道・ゆる散歩】

人気記事

雄飛教育グループ

PAGE TOP