注目の記事 PICK UP!

【連載】ソムリエ斉藤店長のワインジャーニー【10】初鰹とのワインペアリング

 

こんにちは。記者のガルちゃんだよー。

 

ワンステップ浦和店ソムリエ斉藤店長の

ワインジャーニー

 

 

わーい!第10回だよー。

前回の記事はこちらー。

 

今回は

初鰹とのワインペアリング

 

『目には青葉山ほととぎす初がつを』 素堂

 

初夏の江戸の味を代表する鰹!

 

は初鰹と戻り鰹の旬が2回ある魚だねー。

 

これからの季節から5月中ごろまで獲れるのが

『初鰹』まだ若く身もさっぱりとした味

 

8月中ごろから出回るのが『戻り』

こちらは脂が乗って濃厚な味。

 

今回は斉藤さんにこれからが旬の食材

『初鰹』とワインのペアリング

を紹介してもらったよー!

 

 

は刺身、たたきと調理法の違いや、

つけだれも醤油、ポン酢、

また色々な薬味とも合う魚です。

 

添える薬味やつけだれによっても

ワインを選ぶ楽しみができますね。

 

 

①刺身

 

にワインを合わせるキーワードは鉄っぽさ

赤身の鮪よりも酸味もあり血合いの鉄分も強い

このフレーバーを生かしバルベーラがいいですね。

 

 

酸味がしっかりしていて、

鉄様の風味が鰹の血合いの部分とよく合います。

 

つけだれは濃口醤油に溶き辛子

鰹は血合いの鉄分が強いので、

山葵の爽やかさはかえって味を損なってしまいます。

 

和辛子もいいですが、

酸味のあるマスタードも鰹とは良く合いますよ。

 

②たたき

 

実は魚にはサンジョヴェーゼが合う、と言われます。

若いサンジョヴェーゼの持つ鋭角なタンニンは

好みが分かれるところかもしれませんが、

 

ワインの鉄っぽさや赤い果実のフレーバー、

何より炙ったたたきの薫香に

樽の香りが合ってきます。

 

サンジョヴェーゼを使ったワインといえば

イタリアのキャンティですね。

 

ピチピチとした酸があって、

すこし樽をかけたタイプがよさそうです。

 

③ソーヴィニョンブラン

 

白で合わせたいならこちら

 

ワインの持つハーブ香が

に添える薬味のような役割を与えてくれます。

 

添えてある薬味とも合わせやすいですね。

 

たたきに浅葱のみじん切りを乗せたり、

大根おろしをたっぷり加えたり、

色々な、やくみを合わせられるのも

の良いところです。

 

ソーヴィニョンのネギっぽいフレーバーも

魚には合わせやすいかも。

 

刻んだみょうがや生姜の爽やかな香りは

夏が来たことを感じさせてくれそう。

 

④やはり食事に万能なロゼ

 

 

白と赤の両方の要素を持つロゼ

白様ののミネラルさが口の中をサッパリとさせ、

 

ロゼならではのタンニンが

赤身の鉄っぽいフレーバーによく合います。

 

辛口のロゼならの脂も中和してくれて、

またひと口食べたくなる、

まさに食中酒にぴったりなペアリングです。

 

は塩で食べたり、薬味も色々と工夫できるので

他にも色々なペアリングを楽しめる食材です。

 

夏の後半の戻り鰹なら、ねっとりした食感に

また違ったワインが合ってくると思います。

 

是非、自分なりのマリアージュを

検証してみてください。

 

以上、斉藤さんからでしたー!

 

 

インスタはこちらだよー!

 

この投稿をInstagramで見る

 

OneStep浦和店(@onestep_urawa)がシェアした投稿

 

  

ガルちゃんでしたー。

 



 




 

関連記事

  1. 【連載】ソムリエ斉藤店長のワインジャーニー【15】リゾート地で有名なアマルフィ海岸

  2. 【BAR et BAR POULET連載】 Movie&Liquor 〜映画とお酒のステキな関係10…

  3. 【連載】ソムリエ斉藤店長のワインジャーニー【13】シチリアの白とイカ墨

  4. 【連載】ソムリエ斉藤店長のワインジャーニー【4】自然派ワインとスパイス

  5. 【連載】ワンステップ浦和店ソムリエ斉藤店長のワインジャーニー【1】

  6. 【BAR et BAR POULET連載】Movie&Liquor〜映画×お酒のステキな関係(4)~…

  7. 【BAR et BAR POULET連載】Movie&Liquer〜映画とお酒のステキな関…

  8. 【BAR et BAR POULET連載】Movie&Liquor〜映画×お酒のステキな関係(3)〜…

人気記事

JOURNEY TWITTER

雄飛教育グループ

PAGE TOP