注目の記事 PICK UP!

お女郎地蔵&火の玉不動【高台橋・高沼遊歩道・ゆる散歩】

 

こんにちは。編集長のモッピーだよー!

 

 

前回、近代土木遺産の高台橋をゆる散歩したのー。

そして高沼遊歩道をとことこと。

 

高台橋の歩道の上に気になるものを見つけたよ。

 

 

図書館のお姉さんに聞いてきたよー!

頼むべきはお姉さん。むふふ。

 

お女郎地蔵・火の玉不動

 

写真の右側が地蔵菩薩像

左側が不動明王像なんだって。

 

地蔵菩薩像には悲しいお話が伝わっているんだよ。

 

昔、大宮宿の柳屋という旅籠屋を兼ねた

女郎屋に千鳥という美しい女郎がいました。

 

千鳥は宿場の材木屋の若旦那と夫婦になる

約束を交わしていましたが、

 

大泥棒の神道徳次郎が千鳥を見染め、

何が何でも身受けする、

という話になってしまい、

 

進退きわまった千鳥は

高台橋から投身してしまいました。

 

その時から高台橋に千鳥の人魂が

飛ぶようになりました。

 

これを見聞きした付近の人たちが

哀れな千鳥の霊魂を慰めるために

地蔵像をたてました。

 

こんなお話。

 

そのころ、高台橋の付近をふわふわと飛ぶ

火の玉を人々は見たんだって。

 

それは千鳥さんの霊魂だと言う人もいましたが、

石の不動明王の仕業だという人もいたんだよ。

 

この高台橋のそばには刑場があったとされ

大盗・神道徳次郎も御用になった末、

刑場の露と消えたと伝えられています。

 

刑場で処刑された人の人魂が

火の玉になっていたようで、

 

火の玉不動はその人々への供養塔なんだって。

 

火の玉、怖い。

編集長のモッピーでしたー!

ほなねー。

またねー。

 

 

Twitterはこちら。是非フォローしてねー。

 

関連記事

  1. 製糸の街と大宮高校【COCOON】コクーンシティー・歴史ゆる散歩②

  2. 室町時代に浦和で月待信仰が盛んだった件!①【二十三夜とは】

  3. モッピーのぶらり・とことこ散歩:上木崎の足立神社編(2)

  4. 見沼代用水西縁ゆる散歩!景元寺(シイノキ寺)と上杉謙信伝説

  5. 編集長モッピーの歴史ゆる散歩【氷川神社&小林一茶】

  6. 編集長モッピーの歴史ゆる散歩、氷川神社編④【宝くじと氷川神社】

  7. 弘法大師ゆかりの地!【二度栗山】をお散歩した件。北浦和に温泉???

  8. 北浦和が発祥!サツマイモの女王とは?

人気記事

雄飛教育グループ

PAGE TOP