注目の記事 PICK UP!

見沼代用水西縁ゆる散歩!景元寺(シイノキ寺)と上杉謙信伝説

 

こんにちは。編集長のモッピーです。

 

 

見沼代用水西縁のゆる散歩!の続きだよ。

  

代用水沿いから少し離れて住宅街に入ったよー。

今回は、景元寺さんにお邪魔したのー!

 

 

この前行った、足立神社さんの北の方だねー。

 

景元寺は阿弥陀仏さまを本尊とする天台宗のお寺。

 

本堂左側の北と南に2本のシイノキがあります!

 

 

幹回り4メートル以上、樹高約18メートル、

樹齢約450年の大木で、市の天然記念物なんだよ。

 

図書館のお姉さんから言い伝えを教えてもらったの。

 

上杉謙信が関東に出陣した際に、

このあたりで雷雨にあい、シイノキの大樹の下で

雨宿りをしたらしいよー。

 

また上杉謙信の家臣長尾景元が構えた陣屋の跡を

寺にしたので景元寺と称したという伝説もあるんだって。

 

景元寺は別名「シイノキ寺」とも呼ばれています。

 

編集長のモッピーでしたー!

ほなねー。

またねー。

 

 

Twitterもよろしくー。

 

インスタもよろしくーねー。

 

この投稿をInstagramで見る

 

北浦和JOURNEY(@kitaurawa.saitama.jp)がシェアした投稿

 

関連記事

  1. 江戸時代の数学である和算の難問を神社に奉納する【算額】を調べた件

  2. 編集長モッピーの文豪ゆる散歩:(続)太宰治と大宮

  3. 旧中山道をゆるゆるお散歩してみた件

  4. 室町時代に浦和で月待信仰が盛んだった件!①【二十三夜とは】

  5. 隠れた近代土木遺産!高台橋!【煉瓦(レンガ)アーチ橋】

  6. 北浦和で【お茶】を栽培していた件を調べてみたよー

  7. 中山道がつなぐ加賀とさいたま市!そして東大へ!【加賀屋敷の門@大宮×東大赤門】

  8. 天王川をお散歩してコロナ退散するのだーの巻

人気記事

雄飛教育グループ

PAGE TOP